怒ってもいい。逃げてもいい。介護のストレスはあって当然

介護にストレスはつきものです。ゴールが見えなく長期間にわたる介護では、その都度ストレスを吐き出し解消することが何より大切になります。そのためには、介護サービスをうまく利用することです。最初は、要介護者に難色を示されたり、介護者自身、介護サービスを利用することに後ろめたさを感じることもあるでしょう。それでもお互いのため、できる限り利用し、介護以外の時間を持つように心がけましょう。

長寿大国といわれる日本は、ご存知の通り高齢化社会まっしぐら。しかし、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間といわれている健康寿命と平均寿命のあいだには、男性で9年、女性で13年の開きがあります。

少子化の日本では、介護の問題が家族に重くのしかかります。いつか来る親の介護が心配、という人は少なくありません。そこで、毎週火曜日に人気介護ブロガーのひとりっこさんによる介護に関する連載をお届けします。

介護のストレスをためる自分。周りに当たってしまう自分。心の狭い人間なのかも、と自分をせめてはいませんか?大切な人が相手でも、介護はストレスがたまって当然です。今回は経験者だからわかる、介護のストレスについての記事です。

介護サービスを利用する

息抜きやストレス解消のために、まず介護サービスを利用することから始めましょう。デイサービスであれば一日約5時間、介護から離れることができます。ショートステイであれば夜も自由時間になります。

私は母がデイサービスに行っている間、パートで仕事しています。これは確かに自分の時間で、介護からは離れていますが、仕事である以上、逆にストレスを抱えることもあります。

ショートステイは、現在は月に一度、二泊三日利用しています。夜のルーティンワーク、パジャマに着替えさせる・夜用のパッドを装着させる・ポータブルの用意等をやらなくて済むのは、本当に解放感があります。朝も普段のように母が起き出す気配を感じずに、ゆっくり眠ることができます。

今ではこのようにデイサービスもショートステイも利用していますが、当初、父を介護していた頃は、父をデイサービスに行かせることが最大の難関でした。家から出たくなく、他人と関わることだ大嫌いだった父。母と一緒ならということで、ようやくデイサービスに行ってもらうことができました。

小噴火を繰り返す

ストレスが溜まりにたまると大噴火を引き起こすことになります。大噴火してしまうと、いくら家族間でも、言ってはいけないことを口走ったり、要介護者に向かって手を上げたりという虐待行為につながることもあります。そうならず長く介護を続けるためには、ストレスが溜まったらその都度吐き出す、小噴火を繰り返すことです。

私はストレスが溜まってきたら、プチ家出をしていました。とにかく認知症の父と同じ空間にいることに耐えられず、近所の喫茶店やショッピングモールに出かけていました。そこで、自分のために他人が淹れてくれたコーヒーを飲むと、心が落ち着いていきました。それでもダメな時は、車で少し遠くまで行ってみました。いつもとは違った景色を見ると、なんであんなことでイライラしていたんだろう?と自分の気持ちを振り返ることができました。

私がこんなストレス解消法ができたのは、その間、母が父の面倒を見ていてくれたからです。介護サービスも利用せず、一人で介護していたら、ストレスを解消することはできません。

離れる 逃げる 任せる

ストレスが限界になってきたら、とにかくその場から離れましょう。要介護者が視線に入らず、声が聞こえない場所に移動します。同じ家の中でも、二階に行くとか庭に出るとかでいいんです。それもできない時、私はイヤホンで好きな音楽を大音量で聞いています。

同じ空間にいることが嫌になったら、逃げちゃいましょう。少しの時間でも外に出ると随分違います。デイサービスに行ってもらって、自分の時間を確保して、好きなことをしましょう。
介護サービスを利用し、プロに任せてしまいましょう。父と母のかかりつけ医が、私にこう言いました。

「あなたは指示を出すだけでいい。介護はすべて他人に任せなさい。自分でやらなくていい。」
名言だと思います。

女性だからこそ摂りたい栄養って?カラダの悩みと食生活との関わり

女性のカラダは繊細なことに加え、女性特有の症状や疾病への悩みや不安はつきません。今回はそんな身体の悩みと私たち女性のミカタになってくれる栄養についてお話をしていきます。

「大人の女性」になったことで生まれる悩みや疾病

生まれた時はみんな同じように見えていた赤ちゃんの頃から次第に女の子になり、大人の女性へと成長を遂げてきた私たち。
その成長は身長や体重といった外見の変化だけでなく、臓器なども合わせて成長・成熟をしてきています。

このように女性のカラダへと成長をしたことによって、月経障害に悩まされるようになったり女性特有の疾病にかかったりと、私たち女性には男性にはない悩みや心配が尽きません。

そこで今回は、そんな女性を悩ませる月経障害や女性特有の疾病と食とのかかわりについてご説明をしていきます。

―月経と食生活―

ビタミンとミネラル不足が招くPMS

月経の悩みの中でも、PMS(月経前症候群)に悩まされるという女性はとても多いのではないでしょうか。生理の10日前~1週間前から起こる気分の落ち込みやイライラ、身体がむくみやすくなったり体重が増加したりといった心身の不調はこのPMSのしわざ。

PMSが起こる原因としては女性ホルモン【プロゲステロン】の分泌による影響が大きいといわれていますが、PMSが起こりやすい人は普段からビタミンやミネラルが不足をしているという調査結果があります。

ビタミンやミネラルの供給源となる果物や野菜はどうしても不足しがち。

合わせて、ビタミンやミネラルは身体のいろいろな臓器でも使われる、ひっぱりだこな栄養素。特に飲酒やたばこなどの生活習慣はそれらの分解や代謝の際に過剰にビタミンやミネラルを失うことにつながってしまうため、PMSで悩んでいる人は日常的に野菜や果物のを多く摂るように心がけていくことと合わせてこれらの生活習慣を見直してみることも大切です。

女性ホルモンを活性化するビタミン・ミネラル

PMS対策として特に積極的に摂りたい栄養素として、ビタミンではB6、ミネラルでは亜鉛が挙げられます。この二つの栄養素には女性ホルモンの働きを活性化してくれる働きがあるので、PMSの改善にも効果を期待できます。

ビタミンB6は魚類、亜鉛は牡蠣などの貝類、そしてレバーにはこのどちらの栄養素も豊富に含まれているのでオススメです。

―女性特有の病気と食生活―

女性だけがかかる病気の中でも、積極的な予防に取り組んでいきたい一つであるのが乳がん。がんが発症するには様々な生活習慣が誘因となりますが、「食生活の送り方」がリスクを高めるきっかけとなることも。

がんの発生リスクを高める原因となる食習慣はがんの発症部位により異なるところがあり、例えば大腸がんでは赤身肉や加工肉の摂りすぎががんになるリスクを高めると言われています。

これと同じように2007年に出された世界がん研究基金(WCRF)と米国がん研究協会(AICR)による資料において、飲酒は乳がんの発生リスクを高めることが確実との発表がなされていました。健康を保つ上で推奨されているお酒の量は、一日平均純アルコール量で20g。それぞれのお酒で表すとビールなら中瓶1本、日本酒なら1合弱、ワインなら1.5杯がこの純アルコール20gに相当します。

がんの発症を食生活の面から予防に取り組んでいくには、酒量を適度に保つことと合わせ、どのがんにも共通をして言えることである偏りのない食事と野菜と果物を不足させないように心がけること。合わせて乳がん予防には運動が効果的であるということも明らかになっているので、適度なスポーツを日常に取り入れていかれることをオススメします。

まずは食生活から!予防や対策をはじめていこう

毎月ある月経の悩みに合わせて、女性特有の疾病は誰もが不安や心配になるところですよね。
心も身体も元気に過ごせる日が一日でも多くなるよう、まずは食生活などできるところから予防や対策を行っていきましょう。

現代の主婦が抱える家庭の悩み実態集

専業主婦の悩みの実録をお届けしています。「専業主婦になりたい!」と希望している人はそもそもどのくらいいるのでしょうか。

専業主婦を希望している人に関して、ソニー生命保険の調査結果を見てみました。働く女性のうち33.4%が専業主婦を希望しています。年代別で見ると20代が41.8%。30代が43.3%。実に4割超えです。

しかし、その理由は様々だと思います。今のままヘトヘトになるまで仕事を続けてもキャリアアップはできない、女性は社会的に不利なんだ..と将来の不安を持つ人、家事育児を優先順位1位に置きたい人、ゆったりした生活スタイルを好む人、夫から家にいてくれと言われた人。これまた大きな個人差があります意識が違うので、抱え込む悩みもまた多岐にわたります。

今回の悩み実例はこちらです。

長期目標設定がしにくい

さあ、専業主婦。家に一日中いて、何をする?まずやらねばならない基本的なことはルーチン化されています。掃除、洗濯、買い物、食事作り、後片付け、洗濯もの取り込み、洗濯物整理。これらは、一つや二つ、いえ、三つや四つ、しなくても生活は成り立つのです。

あるいは「THE手抜き」。手抜きレベルは自由自在。掃除を水曜日にししかしない専業主婦もいますし、夕食は毎回惣菜を買ってくる専業主婦もいます。アイロンがけは苦手だから実家の母親を呼び出してまとめてやってもらうという強者もいます。家でやるべきTODOは本人の気持ち次第で決定可能。

仕事に置き換えると…

この家事ルーチンを仕事とみなせば、成果が悪いと対価がもらえない、上司から注意を受ける、ライバルに抜かされる、解雇など危機意識が芽生えてきます。家では夫に「もうちょっときれいに片付けろよ」「なんだ、晩飯、チャーハンだけかよ..」とぶつくさ言われるだけ。それで離婚されて追い出され、路頭に迷うことはありません。このレベルまで到達しなければ路頭に迷うんだという脅しがない。ということは、目標設定がしづらい。抽象的すぎて、やり遂げるよう!!という熱い魂が動かない。しかも毎日、同じルーチンの繰り返しで惰性でするようにもなる。

誤解なきよう追記しますと「家が毎日きれいに片付いていることで達成感を感じる。家族が気分良く暮らせる。つまり目標設定はできる」というかたもいますのでそこは理解します。

主婦業を極める人も

きれい好き、料理好き、洗濯好きも根性入れて徹底制覇すると、収納アドバイザーや料理研究家の粋に達します。人気ブロガーになれたり、実用書を出版できたりしますが、専業主婦全員がカリスマ主婦になっているわけではありません。普通レベルの掃除では収納アドバイザーにはなれないのです。専業主婦の目標設定…家をピカピカにor毎晩おかずを4品作って夫と子供の笑顔を見る…。抽象的で目標がぼやけがちです。「子供を一流大学に入れる目標設定」というジャンルもあるのですがこれは別枠になります。

純奈さん 仮名 (29歳 子供なし)

子供がいない専業主婦、純奈さんの悩み

子供がいない専業主婦、純奈さんの悩みも深刻です。

夫、耕助さんの実家が裕福で、お義母さんは専業主婦。夫の家は代々、嫁は働かないという家風なので、耕助さんとお義母さんが純奈さんに仕事を辞めてほしいと希望しました。住む家は祖父から譲り受けた家をリフォームした庭付き一戸建て。ローン無し。芝生の庭に犬小屋、夢に出てくるような結婚生活。純奈さんはもちろん同意しました。

耕助さんは金融関係の会社で年収も600万以上。専業主婦でもやっていけると判断しました。夫婦二人きりの生活で、家もそれほど汚れるわけでなく、夫は残業が週4日。家で夕飯を食べる日は数えるほど。朝もスムージーだけ飲んで出かけるので、作る必要がありません。掃除、洗濯、料理に使う時間はトータル3時間半程度。午後、雑誌を読んだり、テレビドラマを見たりでのんびりしていましたが、だんだん気持ちが変わってきます。

「今日も晩飯いらない」のLINEが届くとむなしくなってきました。一人で3食食べる寂しさ、リビングも寝室もきれいに掃除するけれど「やってあたりまえ」という顔をする夫。子供が欲しいと伝えると「僕はまだいらない、仕事、まじヤバイ」と真剣に向き合ってくれない夫。寂しさをまぎらわせるために子供を作るのもよくないと思い、駅ビルにあるカルチャー教室に見学に行きましたが、年配のかたばかりで居心地が悪い。

「なんか、つまんない。虚しい。このまま夫は仕事で輝き、私はおばさんになってゆくんだ…」とため息が出る日々です。もとの職場の友人から「だったら働けばいいじゃん」と軽くアドバイスされますが、夫とお義母さんに立ち向かう勇気がありません。

それって贅沢な悩み?

てきぱき物事をすすめる女性から見ると純奈さんは贅沢な悩みの主婦と見えるかもしれません。女性も人それぞれで、家族のプレッシャーに耐えられるタイプと、気になってしまうタイプがあります。

家族の要望を無視して働き始めると、守ってもらえなくなるのではないか、家事がおろそかになって喧嘩が多くなるのではないかと不安になる人もいます。夫の両親が息子夫婦の生活に口を出すという家もまだまだ多数あります。

夫が察して阻止してくれればいいのですが、いかんせん”やさしい男子”が増加している我が国です。実家とのトラブルを避けたいので、親と喧嘩してまで妻の要望を通すワイルドさはそれほど見えません。特に純奈さん夫婦の場合は家をもらっていますので弱みがあります。

専業主婦は長期目標設定がしにくい。その影には自分の性格のほか、周りの環境、親族関係、資産の所有権も複雑に絡んでくるのです。